色黒は顔脱毛できないってホント!?

トップページ → 色黒は顔脱毛できないってホント!?

色黒は顔脱毛できないってホント!?

いざ顔脱毛をしようと意気揚々と脱毛サロンに行ったはいいものの、「色黒で施術することができません。」と言われてしまうことがあります。色が黒いとなぜ施術ができないかというと、脱毛サロンで使っている脱毛器というのは大半が黒いものに反応するようにできています。つまり。黄色人種である日本人の肌なら黒いものというと毛しかないため、お肌を傷つけることがないのです。しかしながら、黒いものに反応する光を照射するため、お肌の色が黒いと光が拡散し脱毛の効果が低下してしまう他にも、実は火傷などを引き起こしてしまう可能性が高くなるため、原則としてお肌の色が黒いと施術をしてもらうことができないのです。

日焼けをしてしまったらどうればいい!?

どんなに気をつけていても、ちょっとした油断から日焼けをしてしまうことはよくあります。どんなにがんばっても顔はお肌が露出している部分ですので日焼けしやすいのも事実。ですので、自分では気をつけていたつもりでもはっと気づいたら日に焼けて赤くなってしまっていたなんて経験を持っている女性も多いのではないでしょうか。多くの脱毛サロンでは、日焼けをしているお肌への顔脱毛は行っていません。日焼けが落ち着いてから、お肌の色が戻ってからの施術となります。ですので、日焼けが軽度であれば、期間をあまり置かずに施術をすることができるのですが、酷い日焼けの時は施術ができない期間が長くなってしまうため、毛周期がずれ効果が半減してしまう可能性があります。つまり、脱毛の効果を確実に実感したいのであれば日焼けは絶対にしないこと!です。中には、ちょっとした日焼け跡であれば施術をしてくれる脱毛サロンもあるかもしれませんが、施術をしたことで火傷を引き起こしたりお肌の状態が悪くなってしまっては意味がありません。ただ、近年の脱毛サロンの機器はかなり進化していて、日焼け跡があったりしても施術ができて効果も実感することができます。黒いものに反応するような仕組みではないため、どんなお肌の方でも安心して顔脱毛ができるため、今特に注目を集めています。