毛深かったり毛が太いと顔脱毛するのは痛いの?

トップページ → 毛深かったり毛が太いと顔脱毛するのは痛いの?

毛深かったり毛が太いと顔脱毛するのは痛いの?

一般的に脱毛サロンで使われている脱毛器は、濃くて太いものに反応する特殊な光を使って照射しているため、毛深いところや毛が太いところに施術をする時には、痛みを感じやすいと言われています。人によって毛量も違えば毛質も全く異なりますので、同じ部位でも痛みを感じる人もいればそうではない人がいるのが現状ではあるものの、ワキや脚、VIOラインなど毛が太くて比較的毛深いところは痛みが強い傾向があります。逆に顔は生えていたとしても毛自体は産毛程度ですし、顔を近づけてみない限りはわからないくらいの細さですから、顔脱毛で痛いと感じることはさほど多いわけではありません。/p>

しかしながら、顔は皮膚が薄い分、毛が細くてもパチパチっとした痛みを感じることがあります。「痛い!」と大きな声を出すほどの痛みではありません。我慢できるくらいの痛みで、軽く輪ゴムではじかれるくらいの痛みですので、相当痛みに弱い人でない限りは、顔脱毛が痛くて出来ないということはまずないでしょう。ただ、顔の中も若干太めの毛が生えている鼻下やおでこは、痛いと感じることはあるようです。それでもVIOラインの脱毛に比べれば大したことない痛さです。施術をすればするほど、毛量も減ってきますので、顔脱毛でも痛いと感じる度合いは小さくなってきます。一番痛いと感じるのは初回だけです。2回、3回目に初回の痛みを超えるということはまずありませんので、安心してくださいね。/p>

また、近年の脱毛サロンでは「本当に照射しているの?」「全く痛く感じないけれど効果はあるの?」と思ってしまうくらい、全く痛みを感じずに脱毛することができるようになってきています。痛みがあるから効果があると言われていたのは一昔前で、皮膚が薄く部位によっては痛みを感じることもある顔脱毛も、痛い思いをせずに施術することができるので、今まで痛みが怖くて顔脱毛ができなかったという方も、気軽に始められるでしょう。